日々の徒然

日々気がついたことや気になったこと

高速道路の渋滞の原因は

高速道路といっても首都高とかではなく、東名や東北道のような都市間高速道路のことです。

事故や工事、車線が減るところ、出口の先が信号とかいう、物理的に詰まるところはもうしょうがないわけですが、なにもないところでも渋滞が発生しますよね。

これ、だいたいが「追越し車線」をとろとろ走ってる車が原因だったりします。それに合わせて、走行車線のクルマが走ってたりすると、もーダメです。抜くに抜けないから後ろが詰まる。
3車線あるところなら、そんなアホなクルマがいても左から抜くスペースがあることも多いですが、2車線でこれやられちゃうとお手上げです。
で、追越し車線の遅いクルマのすぐ後ろについたクルマもガマンしてるから、追越し車線のクルマはそのままゆっくり走り続ける。後ろがどんどん詰まる。ここからプチ渋滞が始まる。

この遅いクルマは、後ろから煽られようが、パッシングされようがどかない。気がついていないのが半分とおもいますが、それ以上に確信犯的に追越し車線走ってるのが多いとおもいます。
その証拠に、こういうクルマは追越し車線から走行車線に移っても、また追越し車線に戻って、再び制限速度で走ることが多いんですよね。

こうなると、「右側走って何が悪い?」と言ってますよね。
ええ、右側走るなとは言いませんから、右側走るときはチャッチャッと走って後ろから速いクルマがきたら、すぐに左に戻ってくださいよっと。
普通は左側走って、抜くときに右側使って、抜き終わったら左に戻る。敢えてこれの逆をやってるとしか思えないですもんね。教習所でならわなかったのかな?

そんなことで、これも渋滞の原因の一つですよね。

そこのあなた!渋滞の原因作ってませんか?