日々の徒然

日々気がついたことや気になったこと

エレベーターのちょっとしたアイディア

自分が勤務しているビルは高層ビルなので、エレベーターがなかなか来ないことがあります。

それはしょうがないのですが、たくさんの人が乗っている時に、途中階で止まり奥の方に降りる人がいる場合に、出口付近の人が一度降りてくれないと、奥の人は降りられないということになります。

気がきく人なら、降りる人がいるいないに関わらず、一旦降りて出口を開けてくれるのですが、気がきかない人は自分の降りる階でないからなのか、動かないことがあります。そうすると降りるのに時間がかかることになり、ますます、エレベーターの待ち時間が増えるということになりますね。

そこで、エレベーターがこんな風になったらどうかな?というアイディアなんですが、
・呼ばれて停止した階で、カゴのなかのその階のボタンが押されてないときは、従来のまま
・カゴの中のボタンが押されていて停止する階では、「◯◯階です、降りる方がいます。出口を空けてください」(言葉は、専門家にお任せしますが、こういう意味のこと)をアナウンスする。
こうすれば、気がきかない人でも、気がついて出口を空けてくれて、停止時間が少しでも短縮できるんじゃないてすかね?(それでも動かない人はいるでしょうけど、それはもう別問題ですね)

素人考えかもしれませんし、既にそんなエレベーターがあるのかもしれませんが、お目にかかったことがないので。

エレベーター会社でお仕事されてる方、どうでしょうか?