日々の徒然

日々気がついたことや気になったこと

最近のパチンコはつまらない

その昔は、相当にパチンコにはまっていたこともありました。でも、ここ何年かは、あまりやらなくなりました。

理由は最近のパチンコが全然面白くないからです。

最近のパチンコは、擬似連だの、前兆だのと、大当たりもしないのに、演出ばかりに凝っている。擬似連して、金文字とかトラ柄とか虹色とか激アツとか表示され、一度外れて再度始動し、その結果見事にハズす。
リーチかかってからハズれるまでの時間の長いこと長いこと。そのくせノーマルリーチは数秒で終わり、絶対に当たらない。面白くもなんともない。
さらに、タイアップものばかりで、オリジナルのものはほんの数える程度。


現金の連チャン機全盛だったころは、前兆なんかほとんどなく、ノーマルリーチからでもそこそこ当たり、スーパーリーチとかがかかったらそれこそドキドキ。当然ハズれることもあるのですが、スーパーリーチかかったら50%で当たりとかだから、アツかったわけです。
タイアップものなんかほとんどなく、各メーカーの開発陣が色々考えて特色のあるオリジナルの台ばかりでした。

今の台は、大当たりを楽しむより演出を見るためという感じでしょうかね?それが好きな人はそれでいいんでしょうけど、当たりもしない演出を延々と見せられて最後にハズれるよりは、昔の現金機みたいな方が楽しいと思えるんですけどねー

そんなんで、最近は羽根モノで遊んだ方がいいやと思っていますが、皆さんどうですかね?