日々の徒然

日々気がついたことや気になったこと

手書きの大切さ

先日の都知事選挙の投票に行って、消去法で小池さんに投票しました。

記入台の正面に候補者の名前が貼ってあるわけで、投票用紙に「小池ゆりこ」と書こうとして愕然としました。

小池は普通に書けるのは当たり前なんですが、「ゆ」が書けない。あれ?「ゆ」ってどう書くんだっけ?ってマジでパニック起こしました。

 

普段、提案書とかの下書きで手書きをすることは多いので、それほど字が書けないとは考えてなかったのに、「ゆ」は盲点でした。

考えてみると、ひらがなの「ゆ」ってあんまり書く機会ないですよね?漢字の送りがなにもあまり出てこないし、それこそ「ゆ」が自分の名前にでも入ってないと、書く機会がなさそうです。

 

投票日の夜に、「あ」〜「ん」まで書いてみたのは言うまでもありません。

 

PCとかスマホでばっかり文章書いてるとこういうことになりますね。