日々の徒然

日々気がついたことや気になったこと

某百貨店のお客さんの少なさ

昨日、東京都下のある駅前にある百貨店に行きました。
日曜日のお昼過ぎにもかかわらず、駐車場もすんなりと入れ、そこから拍子抜けしていたのですが、店内に入ってさらに驚きました。
なんとお客さんの少ないことか…平日の昼間ですか?って思ってしまうぐらい閑散としているのです。
あるフロア全体に入っていたファストファッションのテナントも撤退して、ひとフロア全てがクローズして改装中。どちらの都合で撤退したのか知りませんが、そのテナント目当てに来ていたお客さんが、全く居なくなってしまったことも大きいのでしょうね。

ただ百貨店とファストファッションのお店が同居した場合、百貨店にとっては来店客数は増えても、衣料品の売上は下がるような気がしますし、そもそも客層が違うでしょうから、あまり売上増にはならないんじゃないでしょうか?
ファストファッションのお店目当てに来る人が最上階のレストランで食事をすることも少ないのでしょうし…(買い物は安く済ませて、たまには美味しいものを外食でと言う人もいるとはおもいますが)

同じ駅前にはもう一軒百貨店があるのですが、そちらは駐車場待ちの車が列を作っているのと対照的。老舗の百貨店なのに、この差はなんなんでしょうね?
ブランド?商品の品揃え?

いずれにしても、10年後にもこの百貨店が存続してるんだろうか?と心配になってしまいました。