日々の徒然

日々気がついたことや気になったこと

デザインへの拒否感

新型プリウスが街を走るようになってきました。昨日も、片側2車線の道路で、しばらく一緒に走ってました。

それで思うのですが、あのプリウスのデザインにはどうしても拒否感を持ってしまうということです。

高校生のころからクルマが好きでカタログだけもらったり、雑誌を眺めたりしてきてきますので、今まで世に出てきた国産のクルマはほとんど知っているとおもいます。
過去にも「このデザインはないでしょ」というクルマは確かにありましたが、しばらくすると見慣れてしまうようなことが多かったのです。

しかし、今回のプリウスのデザインだけは、拒否感MAXなんですよね。
自分はデザインについては素人ですし、デザイナーさんがどういう意図でこのデザインにしたのかもわかりませんので、「素人が何を言ってる」と言われればそれまでなのですが、それでも今回のプリウスのデザインは、「なんだこれ?」を通り越して、拒否感を感じてしまいます。

優秀なデザイナーさんが考えて考えてこのデザインにしたのだとは思いますし、トヨタの偉い人が最終的にこのデザインに決定したのだし、さらに自分が今クルマを購入するタイミングでもないですから、目くじら立てることはないのですが、それでも「これはないでしょ」と思ってしまいます。

それでもたくさんの注文が入っているのでトヨタとしては成功しているわけですから、素人にとやかく云われる筋合いはないのでしょう。それでも、自分は拒否感を消すことができません。

新型プリウスに乗っている人や注文した人には申し訳ないですが、頼まれても乗りたくないというクルマは初めてなので、ちょっと書いてみました。
まだ先代のプリウスのほうがマシですね…