日々の徒然

日々気がついたことや気になったこと

ノートPCのキーボード

普段デスクで使っているキーボードは俗に言うフルキーボードです。極めてオーソドックスなキー配列の標準的なものです。使う時間が長いので、この配列やキーストローク、ピッチに慣れてしまっています。

これがノートPCを使うときには困ることになります。ストロークもピッチも小さくなるし、カーソルキーも小さくなってしまうのは仕方ないとしても、あるべきキーがないというのがとっても困ります。
その代表格がHOMEとENDキー。
fn押せば使えるように青い文字で入ってたりはしますが、これだけは独立したキーとして存在してくれないと困ります。
それとメニューキー?でしょうか。マウスの右クリックの替わりになるキーですね。EXCELなんかだとほとんどマウスを使わないので、このキーがないと書式設定とかで、いちいち右クリックしなきゃならなくなるので、効率が悪すぎます。(他にショートカットがあるからそれ使えよ!って言われそうですけど)

ノートPCのキー配列を設計する人にノートPCで仕事したことありますか?って思わず突っ込みたくなることがあります。限られたスペースのなかに必要なキーを配置しないとならない苦労はわかりますが、それでもリンク先みたいなものが堂々と販売されてたというのが、驚きです。